四大

インプラントが失敗してしまう理由

見た目の仕上がりが良く、術後の食事の感覚も自然な歯で食べ物を噛んでいるような噛み心地が得られるということで、優れた歯科医療として知られるインプラント治療ですがやはり他の医療手術同様に失敗のリスクは0ではないといわれています。
以前に比べ現在インプラントに関する情報や医療業界内での検証データも豊富になり、また歯科医師のスキルも向上してきたということもあって、一般的にインプラントの成功率は比較的9割近くまで上がってきたといわれています。
とはいえ、いくら手術の成功率が高くなってきたからといって完璧に失敗のリスクがないとは言い切れないのがインプラント手術の現状です。

ではインプラント治療が失敗してしまうケースの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
失敗の原因として最初に挙げられるのは、患者側の適正によるものです。
あごの骨が極端に薄い場合や、もともと歯周病を患っていたり喫煙頻度の高いヘビースモーカーであったりするとインプラントの成功率が極めて低くなるといわれています。

その他の要因として挙げられるものには、医師側の医療スキルの問題です。
現在は病院によってインプラント手術の成功率を掲示しているところが多くありますがそういった表面上の数字に惑わされず、口コミ情報や無料カウンセリングを受けた感触などを頼りにしっかりと病院選びを行うことがインプラント治療を成功させるためのヒケツです。

このページの先頭へ