四大

インプラントにも寿命はある?

虫歯にならない素材でできているということで、一度治療を行えばその後の手入れが比較的簡単だといわれていることや、また見た目も非常に綺麗に仕上がるということでも人気を集めている最先端医療のひとつである歯科治療のインプラントですが、実際にどれくらいの期間インプラントが長持ちするのでしょうか?
インプラントは優れた医療技術とはいえ、まだまだ解明されていない部分があるといわれています。
その一つが治療後のインプラントの寿命についてです。

インプラントの多くはチタン製の金属でできているため、構造上虫歯にはならないということで知られていますが、全くブラッシングをしなくても良いということではありません。
また、インプラントはもともとの天然の歯に比べると、歯周ポケットが大きくなる傾向があるためその隙間に歯垢がたまりやくすなり、手入れを怠るとインプラント歯周炎になりインプラントの寿命が短くなるということが指摘されています。
また、インプラントの寿命を縮める原因になる喫煙による影響も顕著に受けるとされていますので、インプラントを長持ちさせたいという人は術後禁煙することをある程度視野に入れておいたほうがよいでしょう。

現在のところ明確なインプラントに関する寿命のデータは出ていませんが術後の手入れの状態が大きくインプラントの寿命に関わっているということを覚えておくことが重要です。
インプラント治療後のメンテナンスは怠らないようにしましょう。

このページの先頭へ